スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑/
メープルの国の人
欲しかったiPod nanoをゲットしてニヤニヤしてるなっちんです。

最近、よく昔の事を思い出します。
老けた証拠だろうかと思いますが……

FF内で外国人を助ける度に無礼な対応をされて
「もう二度と外人はたすけねぇ!!」
と後悔しまくりな私ですが、
それでも懲りずに事あるごとに助けてしまいます。

それには理由がありまして。


それはNaafiがメイン白Lv.60だった時。
Naafiが丁度レイズ2適齢期だった当時、このFF11用語辞典にもありますとおり、レイズ2は超貴重品で一部の白魔しか持っていない時代でした。
http://www.pomum.org/?%A5%EC%A5%A4%A5%BA%49%49

幸い私は、白をお休みして詩人のレベルあげをして、そこで溜まった印章99個を使ってレイズIIをゲットする事ができたのですが、不思議なもので、いざゲットできると気が抜けてさっぱりレベル上げに行く気力をなくしてしまいましたw
レイズIIが実装された当時、周囲でレイズIIをめぐった様々なトラブルを目にしていたので、辟易してたのかもしれません。

白がLv.60のまま、おそらく半年近く停滞してたのかな~
白をお休みして詩人をやり始めた次期もいれると、恐らく実に1年ぐらいは白のレベル止まってたと思います。
ブラブラしているうちに、レベルキャップが解放されて、フレやLsメン達はどんどん限界を越えていく中、私はずっとLv60でした。

そんなある日、何をするでもなく白でラテーヌをブラブラしてエレ狩りをしていたら、近くにいたPCに声を掛けられました。

英語「オルデールに行きたいのだけど、入り口わかるかな?」
Naafi「何しにいくの?」
英語「ナイトになるクエストをやっているんだ」

多分、騎士登用試験2の事だと思ったので、その場所まで案内しました。
ちなみに、最初は入り口を間違えたのはお約束w

Naafi「入り口間違えたw」
英語「hahaha でも君、英語が上手だね」←フォロー?

その時なんとなく、ヒマだったし、その外国人さんが良い人だったので、最後の試験も手伝うことに。
名前忘れたので、仮にAさんとします。
ご存知、最後の試験はダボイの井戸まで「騎士の魂」を取りに行くやつです。
インビジ・スニークあるから簡単だろうと思ったら、中央島にいる奴に見つかって二人で死亡w

A「ごめん、死んじゃったの?」
Naafi「死んじゃったw戻ってくるから待っててね」

HPがサンドリアだったので、そこからまたダボイに戻り、Aさんをレイズして衰弱回復を待って再開。
井戸にたどり着くものの、サンドリアでのクエスト進行に不手際があったらしく、「何もみつからない」とな。

A「ごめん……もう一人NPCに話しかけなきゃいけなかったみたいだ…」
Naafi「np np。サンドリアに戻ろう」

一度サンドリアに戻って、私も本をひっぱりだしてきて、クエスト内容を確認。ちゃんとNPCに話しかけたかAさんに確認をとって、今度は万全を期して再びダボイへ。

そしたら今度は井戸の前にスライムNMがいやがりますよw
余計なメークドラマ演出するんじゃねぇyp
と思いつつ、

A「NMがいるよ。あれ倒せるの?」
Naafi「無w理w」←気分はこんな感じ
Naafi「とりあえず戦ってるから、井戸を調べて。調べたら、合図してね」

Go!の合図と共にNaafiはスライムに突進し、Aさんは井戸へ。

A「とったよ!」
Naafi「おk、こっちきて!」

印スリプルでスライムを寝かせて、エスケプ脱出。
それから一緒にサンドリアに帰って、無事にナイトげっと。

A「ありがとうありがとう!」
Naafi「おめw」
A「本当にありがとう、明日からナイトやるよ!」
Naafi「おめwわたしあんまり良いガイドじゃなかったけどねw」←まったくだ
A「そんなことないよ」
A「今度は君が困ってたら手伝うから、呼んでね!」
Naafi「うん、ありがと、バイバイ」

でお別れ。
彼は無事にナイトとして成長したかはわからないし、
名前も覚えていませんが、この出来事は大事な思い出です。
なんて事はない、ちょっとしたお手伝いをしただけなのですが、
このAさんは本当に良い人で、こっちの説明をちゃんと理解して、言う事を守ってくれるし(今おもえば当たり前の事ですがw)、中盤ぐらいからはお互いに呼吸も合ってきたのが分かったし、楽しかったんです、すごく。
彼は、Naafiが白のレベルあげを再開させた原因の一つでもありマス。

今どうしてるのかな~。そういえばカナダ人だと言ってた。
日本が好きで、日本に遊びに行きたいって言ってたけど、実現したのかしら。

このことがあったから、今でもつい外国人を見つけると助けたくなっちゃうのかな。


そして毎度、数分後にはLS会話で

「もう二度と外人は助けねぇ!!!wぇkmsふぉうぇ」

と叫ぶわけですが……。
スポンサーサイト
【2006/10/27 11:19】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑/
最近の三国周辺事情
You Tubeで「長渕剛、バラエティ番組に初登場!」な映像を見つつ、
ブラブラと三国周辺を歩き回って辻の旅をしている今日この頃。

平日の夜は、二~三時間とかPT組む気力が沸かないので、最近はもっぱら意味もなくキャラを三国周辺に適当にテレポして移動させ、徘徊しつつLSチャットしたり傍らのPCでネットみてたり、しています。

砂丘も含む三国周辺、即ち低レベルジョブな人々の狩場なわけですが、
そこをウロウロしていると最近面白いものをよう見かけますよ。


名 前 の 読 め な い 人 々


が増えてます。
中には明らかに中国系のお名前が。

あとこの間、バス周辺で面白い人を見かけました。
素っ裸の白魔道士のミスラさん。
Lv.6なんですが、Tunnel Warm相手にめっちゃ苦戦して死にそうになってるんです。
なんでだ??と思ったら、


素 手


・攻撃力の無い白魔
・サポなし
・素手

という三重苦。
そりゃいくらなんでもキツいんじゃ……。
これがもし本当に初心者で、意味を理解していなくてその状態ならアドバイスしようかとも思ったのですが、名前が読めないので諦めました。
本当に初心者だったらごめんなさい。

でもその翌日も、裸でバスを歩いていたので、故意なのかしら。
【2006/10/24 19:25】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑/
プロマシアディスク
ここんとこ、リンバスや器官とりの手伝いで何度かアル・タユに行く機会が多く。
以前からここに来るたびにいつも思っていた事があります。







いつ来ても、人がイナーイ。
アル・タユだけじゃないです。
プロマシアディスクの新エリア、その多くは常に閑散としています。

ルフェーゼやミザレオでさえ、
クエストのアイテム狩りや素材狩りをしている人の影もほとんどみかける事がなくなりました。
タブナジアも大分、ミッション以外にあまり用事が無いせいか、以前に比べてだいぶ静かになってますね。

レベル制限エリアなんて、なおさら。
ミッション攻略やその他クエスト以外に、ここへ散歩のために、素材狩りのために、メリポや経験値稼ぎのために来る人なんてほとんどいないんじゃないでしょうか。




この景色も、



この景色も、



この景色も、



この景色も、
ミッションコンプリートの後は一度も足を踏み入れていませんw
行こうとも思いません。
装備準備するの面倒だし、観光に行こうにも危険だし。

だから、拡張ディスクで新エリアが追加されたというのに、全然「世界が広がった」という気がしないんですねぇ。

その点、ジラートとアトルガンディスクは、交通の要所・滞在地・狩場として機能するエリアが多いから、世界が広がった気分がちゃんとしています。

プロマシアディスクは、ミッションのストーリーを楽しむ事をメインとしている(んですよね)拡張ディスクで、他の拡張ディスクと性質が違うのかもしれませんが…でもFF11のオープニングにまで登場してくる風景が出てくるエリアを含んでいるから、FF11の世界観を語る上で重要なディスクである事は間違いないのに、ミッションやレベル制限エリアの厳しさからそれを享受しきれずにいる人が多いような気も。

うーん

レベル制限なくしちゃったら?w

あ、モンスターの強さは今のままでw

とか思うのはユルすぎでしょうかw

でも個人的には~
リヴェーヌの美しい景色の中で、絡まれる心配をせずに素材狩りや散歩、釣りとか、レベル上げなんてできたら最高に気分いいと思うんですよね~。

ミッションも、もっと気楽に手伝ったり手伝いをお願いしたりが出来ると思うんですよね~。

中盤の章ぐらいまではぶっちゃけLv.75なら一人でも気軽に進められるような仕様ならいいのに~。

ユルすぎる考えでスミマセンwww(´_ゝ`)

でも、周囲の社会人フレの多くがアル・タユ未到達だったり、
プロMが厳しいから諦めて引退した人もいたりで。

フレだから手伝いたいのはやまやまなのですが、
自分達がプロMを攻略していた時は、ものすごい深夜にまで及んでしまう事が何度もあって、体力的にもかなり辛かったし、家族にも迷惑をかけちゃったので…気楽に手伝えないのですヽ(;´д`)ノ

こんなだからミッション攻略の波に遅れた人や、後続の新規さんとか、お手伝いやメンバーを募る事すら難しく、
今は3国ヴォンに行くのも厳しいんじゃないかなと思うんですが。
どうなんだろう?



まあ色々書きましたが、
やっぱりもったいないと思って。

スクエニさん、
せっかくお金と人手と技術をかけてプロマシアエリアを開発したのに、
それを見る人と機会が少ないんだものw
【2006/10/14 07:41】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑/
大演出家
私、LSメンに「ナイス演出家ww」と呼ばれた事があります。
Naafiと行動すると、退屈な冒険が、大冒険に生まれ変わる事間違いなし。

そんな演出家が
この2日間のうちにやったお仕事。



・スニーク切らせてアクティブに見つかる

まあ、序の口。


・リンバス集合時間10分前 in アルザビ

他メンバーは既にジュノ港。

私「ワープするタルがいない…」

メンバー「あ~ビシージ始まっちゃったんだね」
メンバー「どっかテレポして徒歩でw」

遅刻しましたスミマセン


・空のとてとてロボ前で魔法詠唱

メンバー「ブランク長かったもんねw」

いつもはツッコミの貴方が入れてくれたフォロー、大変ありがたかったです。でも我ながら「ブランク」の一言で片付けられるようなレベルじゃないと思いました……orz


・PT終了⇒D2もらう⇒白門到着、直後に「国に帰ろう」と思いついてテレポ詠唱⇒メンバー巻き込んでホラ到着

メンバー「ホームでテレポすんなやーーーww」
メンバー「巻き込みキターーーww」

ほんまスミマセン orz



・アルタユで器官とりの手伝い



金魚に達ララ入れたら、 ク ラ ゲ 急 降 下

オヒゲたん「うはwwww」
私「うはwwww」


まさに うはwwwおkwwww な心境。





この打率凄すぎw

はい、すみません、ただの迷惑デス(゜ーÅ)
でもジラートミッションやプロマシアミッションでは上みたいなミスはしませんでした!(多分)






余談ですが、
うちの倉庫、花っ子ちゃんです。



壁沿い一面に防具箱が並んでいます。
時々競売とモグハウスを行き来する間に、外国人のシャウトにツッコミシャウトを入れて逃げ去ったりしています(悪)


例)

外人「居住区ってどこにあるの?」
花っ子「ビバリーヒルズw」




キリンと、アルテマの腹の下画像






アルテマ戦で、ほぼ全滅寸前の中、踏ん張って古代IIを詠唱中のエル黒じーちゃん



じーちゃんカッコイイ;;


キリン戦中、たまたまカッコいい構図で撮れたSS。
Naafi VS Kirin  みたいな。



まあ所詮詩人じゃ一瞬で【死】なんデスガ



堤燈と無鉄砲が気に入って、バザーで買占め。



今度、誰かの股間、またはタルの顔面めがけて無鉄砲使おうかと目論見中。
【2006/10/09 09:19】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑/
弊害(自業自得)
20061001-05.jpg


↑両刀でヘキサヒャホーイする臼の図

35で長年とまっていた忍者をようやく37に上げました。

20061001-03.jpg



20061001-04.jpg



35と1/2~37までは、6割をソロで、2割をPLで、残り2割をフレのRちゃんと二人PTで稼ぎました。

これで白/忍でソロ活動がしやすくなります。
一人で世界をフラフラするのが好きな私にとって、こんなに便利なジョブはありません。
白/忍て、ソロでの危険地帯探索にとっても適したジョブです。

・インスニが使える(+遁)
・リレイズ3が使える
・蝉が使える
・ストンスキンが使える
・テレポが使える
・回復できる

スリプル、デジョン、エスケプが使えなくなったのがちょっと不便ですが、とてとてが徘徊するエリアでもし見つかったとしても、蝉とストンスキンを消費している間にテレポか呪符デジョンで逃げられるでしょうし、安全な場所で死んでリレイズ3で起き上がるのもよし。

そういう意味では安全性と探索能力において赤、忍もかなりのものですが、彼らは脱出の術に秀でていても、やっぱり

「死んだ場所からリレイズ3で起き上がって探索を続行できる」

というのはすごい、「面倒くさがり」な私にとって、
とてつもないメリットなのです!

連続魔デジョン・エスケプや、微塵で経験値ロストなくHPへ戻る、
というのは安全ちゃ安全ですけど、また探索場所に戻るのがすっごく面倒そう……

管理人は忍耐力と根性が無くてオマケに短気なのデス。

最低だwww





上記の話に関連して、白魔の弊害についてお話したいと思います。
長年、白をメインにやっていると、
特にソロでウロウロしているのを好んでいると、

・OPの使い方にいつまで経っても慣れない
・リージョン、世界地図を覚えない
・OP補給を怠る

という弊害が起こる事が分かりました。
ええ、ほぼ私が悪いんですがwww
っていうか多分、私だけかもしれませんがwww

本気でヤバいと思った出来事がありました。
あぱちたんのフレのアイテムとりを手伝うために、ウガレピ寺院に行く事になりました。白でいくつもりだったので、ルテして合流でいいやと考えていたら、

あぱちたん「詩人でお願い><」

私「……」
固まる私。
詩人での移動手段が即座に頭に思い浮かばなかったからです。

エルシモOPはジラMやプロMの際に便利だからとフレに言われて済ませていたので、OPすればいいやと思いつくまでにまず5分。

HPがアルザビだった私、
ではどうやって本国に帰ればいいんだ?
としばし考える。
唯一思い浮かんだ、テレポヴァズ→OPでサンドへ、という手段は、テレポヴァズできない詩/白では無理。

あぱちたん「そしたら一旦白でノーグにいって、そこで詩人に着替えてくるのは?」

ああ、それがいい!
とまず白でルテ。
だが、復帰したばかりだったので、ノーグへの道筋をド忘れてしていた。
ただでさえ普段はノーグなんか行かないし。

ジャングルを彷徨う。ダメ臼。

えーと、えーと……

あぱちたん「ブブリムOPとかザルクOPとかは?」

それだ!
というわけで、一旦デジョンでアルザビに戻り、詩人に着替えてテレポメア→マズルカしてブブリムOPへ。

補 給 し て ね ぇ orz

それならと、気を取り直してテレポデム→マズルカしてザルクOPへ。
ここは確実に補給した事がある!

補 給 し た の は O P テ レ ポ が 

導 入 さ れ る 前 だ っ た orz

(つまり未補給と同義)


考えてみれば、白でヴァズ→OPで本国に帰って、
詩人に着替えてエルシモOPテレポすればよかったんじゃん。
と気が付くも、時すでに遅し。

既に先方はウガレピに到着している模様。
どうしよう……。

あぱちたん「白さんにテレポしてもらうから、デムにおいでw」

それでぜひよろしくorz
デムでガル白さんと合流し、ヨトしてもらって二人で走ってウガレピを目指す。

ガル白さん「あ」
私「あ」

道を間違えるメイン白二人組。
白=方向音痴がデフォルトらしい。


とまあ、こんな事があったので、
反省して翌日から、即ブブリムとザルクヘイムOP補給を完了。
丁度いい具合にサンド支配だった。

というわけで、OPテレポが導入されてンカ月。(年??)
ようやくOPテレポのコツを掴んだ私でした。←バカじゃんw

でも、だからといって移動が完璧になったわけじゃないんです。
だって考えてみたら、移動用のなんとかリングとかの使い方も全然分かってないもの。
前衛がメインジョブのオヒゲたんやあぱちたんは、そうした移動手段の使い方が上手。
道にも迷わないしね……w

オヒゲたん「んじゃ、雷の回廊前で待ち合わ……いや、なっちが迷いそうだからボヤ前にしようw」

がデフォルトのウチのLSでございます。
ありがとうありがとう('A`)
インスニがんばるから見捨てないで('A`)


あれですよ。きっとメイン白(ほぼそれオンリー)でやってる人っていうのは、都内近郊に住む現代人のように、電車移動オンリーで日々を過ごしているようなものだから、点でしか世界を認識せずにいるので、面と線になると途端に位置関係や場所が分からなくなる。

この現象と同じなのですよ。



はい、すみません、単に努力不足ですorz





【2006/10/04 12:02】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑/
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。