スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑/
日本のアニメ英語版はおもしろい
もともと私、マンガも好きですけどアニメも好きです。
というより、面白ければメディアは問わないといいますか。

しかし最近みたアニメといえば、
宮崎監督のアニメ映画ぐらいで、
テレビシリーズのアニメはほとんど見ません。
放送時間に家にいないし、録画するほどでもないし、DVD買うまでもないし~という感じなので。

とはいえ、アニメの映像(無料・有料サービスも含め)はネットにゴロゴロ転がってますし、断片的ではありますが、好きなマンガのアニメ映像は目にしています。

最近ちょっとしたマイブームなのが、
外国で放送されている(いた)日本のアニメを見る事。
といっても海外からDVDを取り寄せるとかではなく、海外の動画アップロードサイトなどから拾ってきて見るという手段なんですけどね…w

NY旅行の最中にホテルのテレビでみた感想も含めて私が抱いている印象は、

声優の声がみんな同じに聞こえる

という事です。
ディズニーのアニメ映画見てて思ったことないです?
個性的なサブキャラはともかく、ヒロイン・ヒーローって声優は違えどどの映画みても似たような声。


たとえば先日見たのは、ドラゴンボールZの英語版。
ちょっと古いシーンなんですけど、
未来からやってきたトランクスと悟空の初対面シーン。
一通りの主要登場人物が出てくる場面でもあります。


悟空・トランクス・ベジータ・ピッコロ・ヤムチャ・クリリン・天津飯
↑全部同じ声に聞こえる

プーアル(?)・悟飯・赤丸ほっぺの子(名前失念)
↑同じに(略)

ブルマ

と、これだけ登場人物がいて、声の種類は三種類しかいなかった気がするのは気のせい?www

日本の声優さんみたいにあまり声を作らないんですね、向こうの方は。
というより「声優」という職業感の違いかもしれません。


でも、日本のアニメがブームになっている今、
英語版の声優にも少し変化が見られている感じがします。

その例として挙げられるのが、先日みた「鋼の錬金術師」英語版。
これもNYで放送されたようです。
多分、まだドラゴンボールZの上記シーンがアメリカで放送されていた頃は今ほど日本のアニメがブームになっていなかった頃だと思うんですが、これは正に最近のアニメ。
声をきいてみると、キャラクターごとにちゃんと声の特色が出始めていました。
(とはいえ、まだまだ「同じ声だな」感は多少残りますが)

ちなみにこの「鋼の錬金術師」、マンガは数冊読んだことがあり、アニメはエドとロイが余興で対戦する話だけ見たことがあります。



ちょうどそのエピソードの英語版をまるまるネットで見つけたのでじっくり鑑賞してみました。

☆印象
エド…ヤンキーwww日本語版は女性ですが英語版は男性。
アル…日本版とすごいそっくり。
ロイ…渋い。日本版よりキャラに合っててカッコイイ。
ヒューズ…日本語版よく覚えてませんが、英語版は良い感じ。
ハボック…台詞が少なかったからよくわかりませんが、普通。

総合的には、日本版に限りなく頑張って近づけているなと思いました。
ちょっと以前までは、おそらく俳優が普通に演技して声を当ててる感じだったんですが、最近ではちゃんと声を作って台詞回しも日本のアニメ独特のノリを真似してて、どう表現したら良いかわかりませんが、日本のアニメがちゃんとそのまま英語になった、っていう感じがしてました。

そうなると、なんていうか、以前の英語版では感じなかったんですが、
「ほほー、このキャラクターに英語しゃべらせるとかっこいいじゃん…(萌)」
っていう印象が新しく湧いてくるんです。
「RとLの発音を綺麗に使い分けている(当たり前ですが)キャラクター」達はなかなかいいもんですよw


☆ポイント(日本語版・英語版ともに台詞はうろ覚えです)

余興試合開始直後のシーン。
たしか日本語版ではロイが「遅い」と言って指を鳴らしてドカーンのところ。

ヒューズ "Alchemists,ready set.....fight!!!"
エド   "?!"(一瞬戸惑う)
ロイ   "Too slow" (低い声で)




バチッ ドカーン


うわ、"Too slow" かっこいい('A`*)
日本語版みた時は特に感慨なく聞き流してたんですが、
英語版だとなんかカッコイイですよ。

原作やアニメをご覧になった方は分かると思いますが、
その後の展開は逃げ惑うエドにロイが兵法をつらつらと説きながらドッカンドッカンやってます。
その兵法を説く台詞も、淡々としかしどこか楽しそうなところがちゃんと表現できている英語版の声がカッコイイのですよ。

それになんだか小難しい事しゃべってる英語ってかっこよく聞こえませんかw
台詞、書き取りすれば面白いんですが、面倒なのでしませんでしたw


スキをついてエドがロイの手袋を破く。
「もうこれで炎はだせねぇだろ!?」
と得意げに巨大な大砲を練成するエドのシーン。

ロイ "Damn...!"
エド "You can't make any fire without **** globe HUH!?"



Damn + HUH!?



うはwww厨くさいwwww

そのヤンキーくささぶりに爆笑。

しかし実はもう片方の手にも手袋がしてあって、
「ぎゃぁああああ」
とあえなく大砲ごと爆破されて吹き飛ぶエド。
瓦礫に跪いたところにロイがきて、
指を鳴らす体勢でまた兵法を説く。
観念したエドは…

エド「…殺(や)れよ」
ロイ「」

↑この台詞忘れましたが多分「言われなくとも」とか
「お望みどおり」「もちろん」とか、そういう台詞だったと思います。

ここは

エド "Make an end" ←うろおぼえ(意訳:やれよ)
ロイ "You don't have to ask"(意訳:言われなくとも)
過去のフラッシュバックシーン
ロイ "!!!"



英語の台詞ってかっこいぃなぁ…
なんてかなーり久々にアニメみて惚れ惚れしてました。


ところで、



"lololololol" 【ありませんか?】
スポンサーサイト
【2006/02/28 11:12】 | 読書・アニメ・映画とか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑/
DVDガラスの仮面-第ニ幕-
DVDガラスの仮面 第二幕

残業して10時半頃に帰宅。
忘れた頃にDVDが届いてました。



アニメ「ガラスの仮面」のDVD2巻目。
傍らのPSで「信長の野望Online」で生産連打しつつ、
傍らのPCでDVDを見る。


第5話「限られたセリフ」

「はい」「いいえ」「ありがとう」「すみません」
という限られたセリフだけで芝居を進めていくというレッスン。

セリフの紙を渡されたその夜、レッスン会場から外に出ようとして雨降り、傘の無いマヤは立ち往生。
そこへ、雨から逃れるためにさやかがかけよってくる。

さやか「やだー、もう、雨が降ってきた」
さやか「はい、飴たべる?」

ってさやかちゃん、それは唐突過ぎ!('A`;)

マヤ「雨と飴…(ズガーン)」

そんな会話から猛烈インスパイアされるマヤに萌え。
そしてあの名場面、姫川亜弓との対決シーン。

亜弓さん「ねぇ、あなたの校長先生のお名前、なんておっしゃるのかしら」

そんなこと聞いてどうするの、亜弓さん…。

亜弓さん「音楽をかけてさしあげるわ。どんな曲がお好き?」

キター、亜弓さんの挑戦!
「!」と戸惑うマヤ。

亜弓さん「さぁ!どんな曲がぉ好きぃ!?」

両手を広げて超絶高飛車に言い放つ亜弓さん。

ホ レ た。

立ち上がるマヤ。
戸棚にむかい、何やら探し始めるマヤ。

麗「CDをさがしているんだ」

原作ではレコードになっているところを、やはり現代風にCDにアレンジされている。
CDをとりだし、ケースを開けて中からディスクを取り出し、

マヤ「はい」

と亜弓さんに差し出す。
穴に中指をいれて、ディスクの縁をもつマヤの手が現代っ子だったw

亜弓さん「!(ズガーン!)」

とここでレッスン終了。
姫川亜弓と互角にやりあった事で人気者になるマヤ。



第6話「あたしのベス」

劇団つきかげの初舞台、若草物語。
いきなりベスに選ばれたマヤ。
なかなか役をつかめずに怒られてばかりのマヤ。
ベスの感覚をつかませるために、一週間ベスとして生活することになったマヤ。

マヤ「お客様なの…お願いね、ジョー」

声まで変っていた。
その「お客様」が何故か速見さんだったのが不思議w

話はかわりますが、月影先生テラコワスww

先生「ちがぁあう!!」
脚本を床にバーン!!
大げさなモーションでマヤをビシィッ!

先生「ここはクライマックスなのよ!!!」

先生必死すぎw

今回は劇団に融資をしている青柳プロだのの話も絡み、
月影先生はかつての大女優らしからぬ苦労人キャラが前面に出ておりました
('A`;)


第7話「紫のバラ」

若草物語本番を中心に、マヤと桜小路君(正確には桜小路君の片思い)の純粋な恋愛模様が描かれています。
桜小路君、健気すぎ……イイナァ

そして原作にない紫のバラのエピソードが。
紫のバラは青いバラを作ろうとした結果のできそこない。

速水さん「できそこない…オレと同じだ…」

一人でたそがれるマーくん。
そんな「オレと同じ」分身を今後大量にマヤにプレゼントしていくんですね?

「プレゼントはわ・た・し」戦法キター(違

ところで、そんな「できそこない」の紫のバラって、
普通の白・赤・黄あたりのメジャーなバラとくらべて値段はどうなのかしら。

ベスが病気で苦しむシーンの感覚をつかむために、雨にうたれるマヤ。
高熱をおして舞台に立つ。
私は去年、インフルエンザで40度近い熱を出しましたが、
あれはマヂ辛いです( '_!`)…。
インフルエンザだからかもしれませんが、体中の関節が軋んで痛くて普通に寝られなかったです。胸も苦しいし。
トイレに行くのがやっとでした。
そんな状態で「まぁ…素敵なグランドピアノ」なんてイッテランネー。

上手い具合にマヤが高熱状態だと聞いてしまう桜小路くん。
そしてこれまた上手い具合に「あら、どうしたの桜小路くん」と亜弓さんが事情を聞きだす。

世の中うまくできてますw


第8話「風の中を行く」

若草物語の舞台がマスコミに酷評され、
劇団つきかげピンチ! なエピソード。

記者「先生、舞台はいかがでしたか?」
評論家「うむ。なかなか新鮮な魅力が…」
そこへ通りかかる速水真澄
評論家「ぁあ…ぃや、とはいえ、やはり素人ですな」

おいおい、わかりやすすぎな態度豹変ぶり。
気づけよ記者w

ここから流れは「演劇コンクールで3位以内にはいらなければ」というエピソードへと。
マヤのたけくらべ、楽しみです。

ところで、
学校のクラスメートとテレビドラマの話をしている時のマヤ。

マヤ「ざっぱーーーん」
マヤ「ぴーぽーぴーぽー」
マヤ「ざざざざぁーん」

擬音の声帯模写もうちょっとがんばろうwww



総評:マヤかわいい
【2005/10/27 10:30】 | 読書・アニメ・映画とか | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑/
アニメ「ガラスの仮面-第1幕-」感想
アニメ「ガラスの仮面」の感想

DVDが届きました。
アニメ「ガラスの仮面」第1幕
ガラスの仮面DVD

カラーで動いてるマヤが見られるんだ~
とワクワクしてスタート。

オープニング。
お~爽やかで良い感じじゃないかしら?
でもちょっと原作とイメージが違うような。
それこそ中島みゆきクラスの重さでも良いかもしれない(笑)
オープニングとエンディング、どっちかを重たい感じの曲にして欲しかった。


第1話「千の仮面をもつ少女」

横浜の風景が今風だ!
↑第一印象がコレw
原作が途中で携帯電話とか出てくるので、きっとその時代に最初から合わせたんでしょうね~。視聴者も共感しやすいようにと。
でも私的には、ずっと昭和50~60年代?という設定でも良かったような気もする。
原作も。

それはともかく、北島マヤ登場。
かわいいーじゃないか(*・ω・*)
おねーさんね、あなたがとっても気に入ったの。
さ、続きをやってちょうだい。

色々と端折る部分+説明のために追加された部分もあるけど基本的には原作に忠実な流れ。

伊豆の踊り子、観客数が少なすぎてワロスw

杉子さんがナウなヤング!(死語)
すごい洗練された都会っ子になってます。
「アケミ」という名前が似合いそうなw
それにしてもこの杉子さん、ヒドスwww
チケットを海に捨てるシーンも、
お弁当を放置して鳩に食べさせてしまうシーンも、
近くでボーイフレンドが見ているのにw
よくこの彼氏、この光景をみて愛想を尽かさないものだ('A`)

お母さんが卑屈なところは、原作と同じ雰囲気が出ていて良かった。
逆にマヤの描き方にちょっと迫力が欠けていた気も。
チケットを追って海に飛び込む→水からあがってチケットを握り締めて震えるシーンも、もっとドロドロした感じに鬼気迫る演出でも良かったのにな~。


第2話「ビビの仮面」

椿姫の舞台。
姫川歌子、ケバスwwww
そして大根wwwwww

マヤが月影宅で演じる椿姫
マヤ「おぉ、マルグリット様、我が椿姫、貴方は僕をからかっているのですか」
マヤ「わたくし、好意を持った方をからかってしまう癖がございますの」
マヤ「それでこのパリィ~の社交界を渡り歩いているのですわ」
月影センセイ「おぉぉぉ(ズキューン)」

パリィ~age
そして自分の事を「人気演出家」と説明する小野寺先生にも萌えwwww

「オホホホホ 恐ろしい子、恐ろしい子よ!北島マヤ」

名言「恐ろしい子」をリピートしたセンセイ。
そして何故この時点でマヤのフルネームを知っているのか謎w

「源造、あの子のことをお調べなさい」
というイキサツがあったのか。
それにしては月影先生、自分の足をよく使ってたような気がします。
いろんなところに通りがかるしw


第3話「逃げた小鳥」

ここで、前半にマヤのビビとしての演技の本筋が出てきます。

ビビは大好きなエピソードの一つ。
マリアンヌ役の子が原作より全然可愛い(笑)

「オラのことパーだと?パーだと!?パーってなんだ?」
ワハハハハハ
「上手いじゃないかあの子、なんて子だい?」
「北島?」

という原作のやりとり、取り入れてほしかったなぁ~。

舞台の本番で、いよいよビビが号泣するシーンキター!

マヤ「あぁあああああああああああああっ!!」
ゴオオオオオオオオオオ
観客「おぉぉぉぉぉ」

どこから風がっwwwwww
サイヤ人に変身するかと思ったよママン(・ω・)

アニメのスタンスがなんとなくここで分かりました。
マヤの「リアル」な演技が観客に見せる錯覚みたいなのをそのまま描こうという。
いいですねwこういう演出好きです。アニメならでは。
今後に期待です。


ビビの演技で演劇に目覚めたマヤが、いよいよオンディーヌに殴りこみ(違)
レッスンの様子を見ているところ、犬に襲われて、なりゆきでレッスン場へ。
入団テストのつもりで「逃げた小鳥のパントマイム」をやれと命じられる。
そこへ、アユミさんキター!

「遅れてゴメンナサイ 映画の撮影が長引いてしまったの」

↑他でこういう台詞を吐かれたら「この自慢厨がwwww」と思うところが、アユミさんだと自然なのが不思議w

よくいろんなところで、アユミさんの声が独特だというのを聞いていたので、どんなのかと思っていたら。
私的にはイメージ通りでした。
落ち着いた大人びた女の子の声、というのが表現できていて私は好きです。

小鳥のパントマイム、マヤの走り方が可愛すぎ('A`*)



第4話「炎の階段」

ストーリーのメインは、家出をしたマヤが月影先生の演劇学校に入るところ。
マヤに「私、女優になります!」と言わせるための月影先生とマヤのやりとり。
ほぼ原作に忠実で嬉しかった~。

「私、女優になります!」

マヤカワイイナァコレ

後の「劇団つきかげ」の主力メンバーとなる面々も登場。
やはり麗が、黒髪のボーイッシュな現代っ子風に。
いやでも、これもカッコイイですネ!
今後、女の子のファンを増やしていく彼女の活躍も描いて欲しいです。
ああいうキャラ好きなのでw

そしてお母さんキター!
「マヤ!帰るんだよ!」
「いやっ!帰らない!」
公衆の面前で親子喧嘩。
周囲はポカーン。
まぁ当然ですわなw

月影センセイ VS マヤのお母さん

マヤを熱湯から守る月影センセイ、ステ-キ!
あのシーンを見ちゃったら、他の生徒は複雑な思いですよね。
でも、他の生徒でも月影センセイは同じことをしたんじゃないかと。

あの場ではお母さんの立場がなさすぎで、ちょっとお母さんが気の毒。

第一幕はこれでおしまい。
第二幕は恐らく、若草物語~演劇コンクールの辺りでしょう。
ここら辺も大好きなエピソードなので楽しみです!
紫のバラの人も誕生しますしね(・ω・*)
あ、あとあと、劇団一角獣の「運命」も見てみたい。
【2005/10/03 17:10】 | 読書・アニメ・映画とか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑/
ガラスの仮面熱ふたたび
これまで、いくつもの長編マンガを古本屋に売ってきました。
ずっと買っていたけど、途中で飽きて完結を待たずに売ってしまったマンガも多いです。

しかし、これだけは断言できます。


ガラスの仮面(文庫版) は絶対に手放さない!


ガラスの仮面 単行本


本棚の奥に並べてある、ガラスの仮面。
飽きて、何ヶ月も読まないままの状態の時もあります。
でも、ふとしたきっかけで突然再燃する、ガラスの仮面熱。
二人の王女のくだり、
1人芝居の女海賊ビアンカのくだり、
奇跡の人のくだり、
紅天女のくだり、
ふと思い出して気になったエピソード部分を何度も繰り返して読んだり、1巻から読み返したり。
頭の中にガラスの仮面のことが離れない日々。
そんな状態、「ガラスの仮面熱」が時々、突然、やってくるのです。

今、ちょうどそんな時だったり(´Д`;)

会社の先輩が「読みたいから貸して~」と言ってきたのがはじまり。
貸すために鞄にいれた「ガラスの仮面」を行きの電車の中で毎日読むうち、また熱がメラメラと…。

聞けば深夜にアニメにもなっているとか!
全然気付かなかったyp!!!???


というわけで、勢いあまってamazonで注文しちまったorz
アニメ完結までDVD買う予定でいたりします。

ガラスの仮面DVD


私がガラスの仮面で好きなエピソードは、
・ふたりの王女オーディション→舞台
・紅天女のエチュード
・奇跡の人のオーディション→舞台
・月影千草の生い立ち
・月影千草の紅天女(谷で上演したもの)
です。
劇中劇では「ふたりの王女」、すごい好きでした。
これだけで長編マンガになりますよね!
某番組で、「マンガ用のアイディアを劇中劇に使ったものが何本もある」という事を聞きました。
このふたりの王女も絶対、長編マンガのアイディアとしてとってあったものに違いない。
それを思うと、例えば、
・狼少女ジェーン
・女海賊ビアンカ
・通り雨
・石の微笑
あたりは確かに少女漫画になりそうな物語。
劇中劇でもいいけど、1つのマンガ作品としても読んでみたかったー!

ファンとして勝手な悩みですけどねww

単行本最新刊(42巻)が発売されたのが去年の冬。
もうすぐ1年。

43巻43巻…また忘れた頃に発売して下さい!
【2005/09/29 13:51】 | 読書・アニメ・映画とか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑/
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。