スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑/
しょうこお姉さん…
ひさ~しぶりに、神氏にお誘いいただいて、レベルあげ。
ちょうど詩人が裏活動で経験値減らしまくってたので、詩人で出勤。
狩場はアトルガンエリアだというので、楽しみにしていきましたよ!

久しぶりに会うフレさんも一緒で、集合した時からワクワク。


Cさん    「Naafiさんおひさしブルです~」
あぱちさん 「犬か;;」
私     「ロテさんの「おひさしブリーフ」より全然マシでしょうw」
Cさん    「いや、素で間違った…」

Cさん 「獲物はなんですか~?」
神氏  「木とイン●w」
私   「何の略?w」
神氏  「インプw」

※↑よい子じゃない皆、●に何が入るかわかるかなぁ?☆


まぁなんとも下らない会話をしつつ、でもそれが何だか楽しく。
構成は 暗モ忍戦 赤詩 のNOUKIN PT。
全くライバルがいない場所で5チェ、6チェの乱狩り。
でも経験値200オーバーとかして、結構オイシイ。


私は詩人だったので、ひたすら
・メヌメヌ
・バラバラ
・エレジー
を繰り返してただけ。
でもPtは久しぶりだったので、これぐらい簡単なのが丁度よかったかも。

PTしている時に、PCのメッセンジャーで別ゲームのお友達のMさんと時々会話。
超絶に面白い動画を教えてくれて、爆笑が止まりませんでした。

http://www.youtube.com/watch?v=gmK1dIsXIoI


最近のNHKって、なんかスゴイね
スポンサーサイト
【2006/05/24 12:02】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑/
ラインアップ
お友達の神氏に、罠ゲーを貸しました。
それ一本だけじゃ何なので、ついでに何本か同封しました。

送りつけたゲーム
(1)影牢2~Dark Illusion~ 公式HP
(2)零 公式HP
(3)侍 公式HP
(4)かまいたちの夜2 HP


宅配便の送り状の詳細記述箇所に

「DVD 0人のかまいたち侍~Dark Illusion~」

と書いて送り付けました。
「DVD 0人のカマ侍~Dark Illusion~」
にすればよかったと後悔中。


そんな事を考えていると神氏からメール。

「いまEさん(FF仲間の女性)と話してて、なっちが女の子らしからぬラインアップのゲーム送ってきたって話したら、Eさんも全部やったことあるって言ってたでwww」


うほw
ステキww


さらに、

「Eさん、三角印(暴力・グロゲーム注意マーク)がついたゲームしかかわねぇってさwww」


うほw
結果的に私もFFとDQ除いたゲームのほとんどが三角つきw
なんていうか、ヌルいアドベンチャーゲームとかタルくて出来なくなっている自分がいますよ。
【2006/05/22 15:48】 | ゲーム全般 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑/
あ取る癌
アトルガンへの渡航条件が意外と優しいと知ったので、
昨晩はまた久々にFF11にログイン。

ジュノの下層にNPCに話しかけて、
渡航条件について話を聞いてみました。

下級
中級
上級

とあり、下級は砂丘やブブリムで取得できる限界アイテムを全部とってくる事。
中級は、レベル75ソロの後衛でもまぁ一人でやれるかな?ぐらいの獣人拠点(ダボイ・オズ・ベドー)の中級獣人から合計3つのアイテムをとってくる事。
上級は、コッファーの鍵1つかジョブの証かチップか。最低2人いればまぁ、できるかなというぐらいのアイテムをとってくる事。

下級アイテムをPCでもみながらのんびり集めようかな~
なんて思ってモグハウスの「収納」を見たら、
捨てずに取ってあった十本以上の鍵の中に、上記に該当する鍵が2本も!


あぱちたん「さすが収集家wwwwwwwwwwww」


物が捨てられない自分の性分にバンザイ!
というわけで、早速アトルガンへ。
船の上でぼーっとすること15分?
アトルガンに到着。

音楽が、モンスターハンターみたいでした。
とっくにモンハンは引退していたので、妙に懐かしい。

そういえば、これは人から聞いた話ですが、
モンハンではプロフィールに「**隊所属」とか書くのが流行ってるそうで。
LSやギルドのシステムが無いから、そういうのが自然発生するのは不自然な事でもないのかしら。

でも「**隊 **番隊長」とか役職名まで存在しているチームもあるのは、ちょっとイタイww


話が逸れましたが。
現地であぱちさんがざっくりと街の中を案内してくれました。
重い!
重いよアトルガン!
紫外線じゃなくて市街戦が行われる時はログインできないほど重くなるそうな。

イマイチまだ、その市街戦とかなんとか戦とかの仕組みがよく分かっていないのですが、とりあえずは街の中に慣れる事が先。
噂のシャッチョーさんに会ってミッションを受けた後、あぱちさんと1つ目のワープをクリアするべく外へ。

グラフィック開発費節約のために砂漠だらけかと思ったら、意外と緑が多くて景色が綺麗。
秋爛漫な紅葉風景でした。
しかし、洞窟に入るとイフリート釜の使いまわしで、さすがwと思ったw
新グラフィックのモンスターもいくつか見て来ました。
でも75からみて「強そう」とか「丁度」とか。
アトルガンへの渡航条件は優しくても、これじゃぁ低レベルが気楽に外を出歩けないですねぇ。

意味ないじゃんw

いや、まだ少ししか探索していないからもっと他にあるのかも…。
しばらくはぶらぶらとアトルガン見物しようと思います。
【2006/05/16 10:43】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑/
影牢2~Dark Illusion~
今更ですが、昨年の6月に発売した罠ゲーム
「影牢2~Dark Illusion~」を購入しました。

さくらや の安売りワゴンから発掘。

仕事帰りに安売りワゴンから殺人ゲームを漁って買い求めるOLって、なんかイヤですね。


細かくどんなゲームか語るのは面倒なので詳細はググって下さいナ。

とにかくこの、残虐ながらどこか笑えるゲームが大好きです。
弱い主人公が罠を駆使して侵入者達を次から次へと倒していくゲームなのですが、罠の組み合わせによってはコンボをどんどんつなげる事ができて、上手くいけば気分爽快です。

えっと、何が楽しいって、
強そうな戦士とかならともかく、フツーの主婦とか、フツーの村人っぽい人も大がかりな罠にかけられちゃう所が(鬼)


ストーリーを進めていけば行くほど強い敵にあたるわけですが、でもこのゲーム、プレイテクニックが全く無い人でも一応クリアできます。

どうするかといいますと。
ひたすらグルグル逃げ回れば攻撃はほとんど当たらないのでそれを利用するのです。

なんかやたら強い死神みたいな敵が出てきて、
普通にやってたら私みたいなヘタクソは死んでしまう事も。

そんな時は、ぐるぐる廻れるスペースをみつけて、
その中央に罠を設置。(自分が巻き込まれないタイプ)
私の場合は三角木馬を設置。
あとはひたすら、その周りをグルグル。
敵と自分の足の速さは違うので、敵は時々真中を横切ってきたりします。
罠を設置したポイントから目を離さず、敵がそこに足を踏み入れた瞬間に罠発動。
木馬に敵がゴーン。
股間を押さえてうずくまる敵。
余裕があれば、そのうずくまっているところにチェーンソーとかパズソーでも走らせればコンボです。
それをひたすら繰り返して、ラスボス手前の強敵を全て倒しましたwwwww


デッドリストに

死因:木馬に衝撃を受ける

が羅列される事になります


そうそう。
ラスボス手前に登場する敵に「ヘルツォーク」というヤツがいます。
彼はFF11の竜騎士みたいに、長槍を持って、ジャンプして攻撃してきます。
そんな彼と対戦する時こそ、上記のグルグル作戦が有効。
しかも、罠を発動させる必要は一切なし。
封印の石の真下をグルグル廻っていれば、勝手にヘルツウォークは石に激突してダメージを受けてくれます。

結局、罠を一度も発動させないまま彼は死にました……w


ヘルツウォーク「うう…私がいなくなったらこの国はどうなるんだ」


みたいな事を言い残して死にましたが、
そんなアホみたいな死に方するやつはいなくなった方が国の為('A`)



マルチエンディング(3つしかないようですが)なので、私は全てのエンディングを見たいがためにひたすら敵を倒しまくって3巡プレイしました。

そんな私が好んで使ったコンボ。

バキュームフロア

ギルティランス
これで壁に引き寄せる

立ち上がったところをデスハンマー

デスハンマーが手に入るまでは、ロック系使ってました。
大抵の敵はこれで一撃死。
後半の強敵も、2度目で死にます。

バキュームフロアは、動きが素早いヤツも引き寄せるので、失敗が少ないです。
上記はいずれもチャージ時間が短いので、ハンマーに吹っ飛ばされた敵が起き上がって再び向かってくるまでにチャージが完了するので、これでとどめをさせたりできます。


「アイナ…お前と添い遂げたかった…(バタッ)」


アヒャヒャヒャヒャヒャ(・∀・)




PS:ラスボスより、フィネガンが一番強かった
【2006/05/09 14:52】 | ゲーム全般 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑/
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。