スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑/
PM:畏れよ、我を
12月26日にテキストのみでアップした記事ですが、
SSを整理したので、画像を追加して書き直してみました。




プロマシアミッションも大詰め(多分)
畏れよ、我を」やりました。

多くのブログさんや報告を見ると、
だいたい数回は全滅しているところが多いらしく、
中には「クリアできる気がしねぇ!!」なんて書いてあるところもあってビクビクです。

このミッションの為に、(私を除く)LSメンバー達が本当に緻密な作戦を練ってくれました。
mixi内にあるLSの連絡スレッドを2Pぐらい使って、
文字数もかなり使って(私以外が)激論を交わしました。

(私以外の)LSメンバーによる珠玉の作戦はこんな感じ。
LSメンバーによる作戦会議を簡単にまとめたものです。
(ネタバレとなるのでご注意下さい)





このミッションは、飛行艇の甲板上で、
・Mammet-22 Zeta ×5体
・Omega ×1体
・Ultima ×1体

と連戦するもの。
制限時間はMammetからUltimaまで、間のインターバルを含め45分

Lv.60制限
構成は、忍/戦、暗/忍、狩/忍、赤/白、白/黒、詩/白



●準備

◆持ち物
前衛:ポリマー、イカ、ハイポ、リレアイテム
後衛:ポリマー、バイル、バイル+1、ハイエ、プロエ、ハイエ、ハイポ、ジュース、リレアイテム
※ジュースは戦闘中断時に作ってる暇がないと思うので、素材ではなく、ジュースにして持って行く

◆注意する事
戦闘するときの立ち位置
敵が最初にいた位置に後衛、
前衛たちは扉付近で戦闘する




私は白魔道士での参加。
とにかくオメガやアルテマは状態異常を引き起こすWSを多く連発してくるので、白魔の状態異常回復がキーだと言われました。

いつもお気楽な気分で参加していたのですが、この日はなんか緊張。

↓最後の作戦会議中


BC直前、リラックスするためにふと空を見上げてみると、
タブナジア地下壕の空は結構きれいなのだと気がつく。




マクロのAlt欄に
・Alt+1=ポイゾナ
・Alt+2=パラナ
・Alt+3=ストナ
・Alt+4=ウィルナ
・Alt+5=サイレナ
・Alt+7=イレース
をセット。

覚えなければいけない状態異常を起こすWS
Omega:
イオンエフラクス:(前方範囲)麻痺効果
リアレーザー:(ターゲット)石化効果、ステータス吸収

Ultima:
ケミカルボム前方範囲 スロウガ+エレジー ダメージ無し 空蝉貫通
スモークディスチャージャー 前方範囲 ダメージ(500弱)+石化 空蝉貫通
ハイドロキャノン 前方範囲 ダメージ(500弱)+猛毒 空蝉貫通
フレイムスルーアー 前方範囲 ダメージ(500弱)+悪疫 空蝉貫通
ターボファン 前方範囲ダメージ(500弱)+沈黙 空蝉貫通
クライオジェット 前方範囲 ダメージ(500弱)+麻痺 空蝉貫通
イオンエフラクス 前方範囲 麻痺 空蝉貫通

ミッション直前の夕飯後、めっちゃ必死に紙に印刷したWS一覧表をみて北島マヤよろしくぶつぶついいながら覚えてましたよw


用意した薬:
ハイエーテル×10個
スーパーエーテル×5個
メロンジュース×7個
ジンジャークッキー
やまびこ×12個(一応)

装備:
AF一式
頭=金髪飾り
指=アストラルリング×2
腰=ドルイドロープ
背中=ホワイトケープ+1
首=ホーリーファイアル
武器=ライトスタッフ、ダークスタッフ

至ってユニクロ。




この構成の特徴は、後衛を赤白詩にすることにより長期戦を可能に、
しかし今回のBCは時間制限もあるので、瞬発力も必要、

マメット戦は、
・暗黒と狩の攻撃力、
・赤のポイズン2、
・白のディア2
・詩のレクイエムのスリップダメージ。
支援弱体として
・赤のパラ、スロウ、グラビデ、
・詩のエレジー。
支援強化として、
・赤のエン系、自己ヘイスト、
・白の暗黒へのヘイスト、
・詩人のマンボマンボ
削る要としてギロ、サイド

戦闘の舞台は飛行艇の甲板上。





流れは
開幕、忍者が絡まれ釣り
五匹が一斉に忍者を襲う(下図のA)
狩人が一匹ずつぬいておびきよせ、離れたところで五人で倒す(下図のB)
暗黒は、両手武器を選んでリキッド使用
(下図のCは、支援・回復部隊)

誰かが死ぬor戦闘終了時に33分を切っている(マメ戦闘が12分以上)状態になったら、諦めてやり直す事とする。

この作戦は上手くいきました。
忍者がミスラさん+マンボマンボという事もあってか、
一番多い時で4体のマメットを相手にしていた
(攻撃体勢にはならず、ひたすら空蝉+ハイポ+白の回復)
のに、よく避けていたと思いました。







Mammet戦が終わると、イベントが始まり、
今度はOmegaが登場します。
このインターバルの間に、アイテムの受け渡しをします
後衛→前衛 にハイポを補充します。
誰が誰に渡すか、担当を決めておいたほうがいいでしょう。

ハイポ補充がおわったら、戦闘。



オメガ戦からは瞬発力が必要になります。
ポリマーを前衛が1つずつ(エクレア)所持。
後衛も1つずつ持ちますが、これはこの時は使いません。
前衛が順番にポリマー使いつつ、
敵のHPが残り4分の1になったら一気に勝負!!
(4分の1だとオメガの残りHPは3250位??)
暗黒の単発ギロ後、2刀流で暗黒ブラッドウェポン、
狩のスラッグ→乱れ→スラッグ、
忍のWS
赤の精霊
オメガ戦での瞬発力としては、暗黒の2Hと狩の乱れを使う

詩人は前衛にマンボマンボ、後衛にバラバラが基本
白はとにかく状態異常回復優先
ケアルは赤と詩にサポートしてもらい、
白がMPを枯らして常態以上回復できない事態を避ける
ヘイスト担当は
赤>忍
白>暗

◆白の動き:
白は各戦闘でMPを温存するためにヒーリングをしよう、という作戦だったのですが、結局状態異常回復をしなければならないので、ヒーリングはマメット戦の時に1回しただけで、残りの戦闘ではしませんでした。
その代わり、ハイエーテルやスーパーエーテルをがぶのみしてMPを温存。
これらの薬は、飲む→飲んだ後のリキャスト・硬直時間が結構あるので、
特にスーパーエーテルなどのリキャスト・硬直時間の長いものについては「薬のみます」と宣言し赤・詩のケアルサポートを乞う。
赤がコンバなどをしてMPが十分にある時などが理想的。

Omegaの動き
とにかく、イオンをひたすら連発してきました。
パラナ担当は
白>忍(+othters)
赤>暗
詩>狩
で、とにかくひたすらパラナパラナ。
パラナ詠唱中にまたイオンが来るしw

もびたん「イオン連発しすぎw」
私「健康w」

でも逆に同じWSしかこなかったので、
状態異常回復は楽っちゃ楽でした。




Omega戦が終わると、またイベント
そしてUltimaが現われます。

この時、
後衛→前衛 でハイポとポリマーをトレード
先ほど同様、担当を決めておいたら良いでしょう。

トレードが終わったら戦闘開始。

アルテマ戦もオメガ戦同様で、確実にHP減らしていって
暗黒の単発ギロとイカロスギロ、
狩のスラッグ、イーグル、イカロススラッグ、
赤のコンバ、連続魔という戦闘開始の瞬発力でなく、
追い込みの瞬発力を狙う。

Ultimaの動き



後半はひたすらケミカルボムを連発。
これがうざいですw
スロウ+エレジーなので、一人に対してイレースを2回しなければならないのですが、ご存知の通りイレースのリキャストはムダに長いのです。
でもとにかく0.1秒でもはやくイレースしたかったので、ひたすらイレマクロを連打。

で、またイレース詠唱中にまたケミカルボムがくるんですけどね…

薬を飲むタイミングをつかむのが難しく、
飲んだ直後に「ケミカルボム!」とかくるとorzな気分です。
白は硬直時間の短いアクアムスルムやハイエーテルをいっぱい持つのが良いのかもしれません。

でも結局、使った薬は
・ハイエーテル×3個
・スーパーエーテル×2個
赤と詩がいれば、白のMPが枯れる心配はあまりありませんでした。
むしろホーリー撃てちゃうんじゃないかっていうぐらい余裕。
打ちませんでしたけどね・・・w




こんな感じで時間もたっぷりと余裕を残して一発勝利。
結構長い時間かけて作戦を練ったのが、
やはり最大の勝利の要因だと思いました。

えーと…
私はただひたすらみんなが考えてくれた作戦を覚えていただけですが…

いよいよ、アル・タユも間近。
頑張ろう!
スポンサーサイト
【2005/12/26 11:25】 | FF11プレイ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑/
<<占いで | ホーム | ケーキのレシピ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://natsuen.blog23.fc2.com/tb.php/117-8af3feb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。